第2回 慶應義塾大学インターネット望遠鏡ネットワークシンポジウム

日時
2012年3月5日(月) 9:30〜12:50 (終了しました)
場所
慶應義塾日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース(アクセス)
参加費
無料(会場の準備の都合上、慶應義塾外の方は事前申し込みをお願いします)

趣旨

「我慶應義塾に於いて初学を導くに専ら物理学を以ってして、恰も諸課の予備となす・・・」(福澤諭吉:時事新報1882年)は、慶應義塾がその教育の基本理念として自然科学教育重視を宣言したものですが、理系・文系を問わず現代の高度に科学・技術が発展した社会を生きるものにとって、自然科学(理科)に関する基礎的な素養を持つことの重要性は、慶應義塾の枠を超えて国内・国外における教育の基本理念として普遍的な意味を持っています。

慶應義塾大学では「実験と観測を重視した自然科学教育」を60年以上の長年にわたって実践していますが、その底流には自然科学の研究・教育の両面において実験および観測の果たす役割の重要性についての基本的な認識があります。

小・中・高校の教育においても、実験と観測を重視した自然科学(理科)教育が、大学におけると同様に、あるいはそれ以上に重要であることは言うまでもありません。特に、天文現象は、その観測に人類が古くから取組んできた課題であり、自然科学(理科)の生みの母ともいえる分野であるだけでなく、老若男女を問わず多くの人々が興味を抱く分野でもあります。その意味で、小・中・高校から大学における自然科学(理科)教育の現場で、実験と観測を重視した天文教育を行うことの意義は計り知れないものがあるといえます。

その一方で、太陽を除く天体の観測が夜間に限られること、天体観測は観測当日の天候に左右されること、市街地では夜間の照明の影響で天体観測が困難であること、望遠鏡を操作できる指導者が少なくなっていることなどの理由により、実際に観測を伴う天文教育を実践することが難しくなっているのが現状です。

慶應義塾大学では、2003年「インターネット望遠鏡プロジェクト」を立ち上げ、観測を伴う天文教育実践の妨げとなっているこれらのハードルを低くすることによって、「観測を重視した天文教育」を実践できる環境造りに取組んでいます。詳細はシンポジウムでの講演に譲りますが、その概要は「国内外の数箇所にインターネット経由で操作可能な望遠鏡を設置し、それを一つのネットワークで結ぶことによって、経度の違い(時差)を利用して‘24時間何時でも’‘国内外の何処からでも’‘望遠鏡の初心者を含めて誰でも’天体観測可能な環境を整備し、そのネットワークを無料で開放することです。

2003年のプロジェクト立ち上げ以来、慶應義塾の枠を超えて他の大学・高校・小学校教員の方々の参加・協力を得て、プロジェクトの目的実現に向かって多くの成果を挙げてきました。2009年にはプロジェクトとして第1回シンポジウムを持ちましたが、第2回目の今回のシンポジウムはその後の研究および教育実践について発表し、 今後の取り組みの課題について議論することを目的としています。

プログラム

  • 9:30〜9:35 開会の挨拶
             早見 均(慶應義塾大学)
  • 第一部 講演
    • 9:35〜10:30 「いつでも、どこでも、だれでも、天体観測」
               山本 裕樹(東北公益文科大学)
  • 第二部 インターネット望遠鏡プロジェクトの研究と教育実践の成果発表
    • 10:30〜10:50 「開閉式ドーム開発―インターネット望遠鏡のバージョンアップー」
               高橋 由昭(五藤光学研究所)
    • 10;50〜11:10 「インターネット望遠鏡を利用したアウトリーチ活動」
               上田 晴彦(秋田大学)
    • 11:10〜11:30 「文系学生によるガリレオ衛星観測 ー防衛大学校の試みー」
               迫田 誠治(防衛大学校)
    • 11:30〜11:50 「ガリレオ衛星の観測データ解析ソフト開発」
               吉田 宏(福島県立医科大学)
    • 11:50〜12:10 「山形県立鶴岡南高校におけるインターネット望遠鏡を利用した教育実践」
               山本 裕樹(東北公益文科大学)
    • 12:10〜12:30 「インターネット望遠鏡を用いた天体観測のいろいろな例」
               近藤 弘之(五藤光学研究所)
    • 12:30〜12:45 「小学校におけるインターネット望遠鏡を利用した学習」
               松本 榮次(西宮市立上ヶ原南小学校)(代読)
  • 12:45〜12:50 閉会の挨拶
             五藤 信隆(五藤光学研究所)

ポスター

問い合わせ先

 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
 e-mail:office_at_sci.keio.ac.jp (_at_は@に直してください)
 Tel:045-566-1111

報告


添付ファイル: file報告書.pdf 816件 [詳細] fileシンポジウムポスター.pdf 677件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-22 (木) 12:11:17 (2820d)